京丹後市 ひとり親家庭のサポート

“経済的なサポート”

“医療費全額免除”

“日常生活で支援が必要なとき…”

“教育の経済的サポート”

 京丹後市の公的支援 

児童扶養手当

離婚によるひとり親世帯等、父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進を支援しています。

対象

ひとり親家庭の18歳年度末までの児童(障害児の場合は20歳未満)を監護する母、
父、又は養育する者(祖父母等)。

支給額 (全額支給される方)児童1人
43,160円
児童2人
53,350円
児童3人以上
6,110円加算

*第三子以降1人につき上記額を加算
支給額(一部支給される方)児童1人
43,150~10,180円
児童2人
53,330円~15,280円
児童3人以上
6,100円~3,060円加算

*第三子以降1人につき上記額を加算
支給時期

2か月ずつ年6回奇数月に支給

備考

・物価の変動等により変更される場合があります。
・所得制限があります。
・現況届を提出しなければ、手当を継続して受給することができません。

詳細

京丹後市ホームページ

問合せ先

京丹後市 健康長寿福祉部 生活福祉

〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話:0772-69-0310

お問合せフォーム

児童扶養手当

離婚によるひとり親世帯等、父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進を支援しています。

対象

ひとり親家庭の18歳年度末までの児童(障害児の場合は20歳未満)を監護する母、
父、又は養育する者(祖父母等)。

支給額
(全額支給される方)
児童1人
43,160円
児童2人
53,350円
児童3人以上
6,110円加算

*第三子以降1人につき上記額を加算
支給額
(一部支給される方)
児童1人
43,150〜10,180円
児童2人
53,330円~15,280円
児童3人以上
6,100円~3,060円加算

*第三子以降1人につき上記額を加算
支給時期

2か月ずつ年6回奇数月に支給

備考

・物価の変動等により変更される場合があります。
・所得制限があります。
・現況届を提出しなければ、手当を継続して受給することができません。

詳細

京丹後市ホームページ

問合せ先

京丹後市 健康長寿福祉部 生活福祉課

〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話:0772-69-0310

お問合せフォーム

京都府 ひとり親家庭医療助成制度

ひとり親家庭の児童の健康をサポートするためにひとり親家庭の医療費助成を実施しています。

対象

・母子・父子家庭の母もしくは父が扶養する満18歳に達する日以後の最初の
3月31日までの間にある児童及び母もしくは父

所得制限

・主たる生計維持者の所得が、本年度における児童扶養手当の配偶者
・扶養義務者の所得制限額未満であること。

助成額

医療機関で受診された場合の自己負担(保険の範囲内、ただし食事代を除く)を全額助成。

詳細

京丹後市ホームページ

問合せ先

市民環境部 保険事業課

〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話:0772-69-0220

お問合せフォーム

京都府 ひとり親家庭医療助成制度

ひとり親家庭の児童の健康をサポートするためにひとり親家庭の医療費助成を実施しています。

対象

・母子・父子家庭の母もしくは父が扶養する満18歳に達する日以後の最初の
3月31日までの間にある児童及び母もしくは父

所得制限

・主たる生計維持者の所得が、本年度における児童扶養手当の配偶者
・扶養義務者の所得制限額未満であること。

助成額

医療機関で受診された場合の自己負担(保険の範囲内、ただし食事代を除く)を全額助成。

詳細

詳細ページ

問合せ先

市民環境部 保険事業課

〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話:0772-69-8567

お問合せフォーム

ひとり親家庭等日常生活支援事業

病気や仕事の都合または就労準備のために、一時的に保育サービスや生活援助が必要になった時に、支援員を派遣し、保育や家庭などのお手伝いをします。

対象

ひとり親家庭のお母さんお父さんが、
・急な疾病、事故、災害、冠婚葬祭、出張、公的行事などで、一時的に支援が必要となったとき。
・就職のための技術習得や就職活動で、一時的支援が必要なとき。

支援内容

・乳幼児の保育、食事の世話
・住居の掃除、身の回りの世話
・生活必需品などの買い物、医療機関などとの連絡
※研修を受け、登録を済ませた「支援員」やホームヘルパーなどの資格を持つ「支援員」が支援します。

費用

1時間300円以内
(支援の内容や、児童の人数などによって異なります)

手続き

・事前登録制です。
あらかじめ登録した家庭でないと利用できません。

詳細

京丹後市ホームページ

問合せ先

市長公室 政策企画課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0120

お問合せフォーム

ひとり親家庭等日常生活支援事業

病気や仕事の都合または就労準備のために、一時的に保育サービスや生活援助が必要になった時に、支援員を派遣し、保育や家庭などのお手伝いをします。

対象

ひとり親家庭のお母さんお父さんが、
・急な疾病、事故、災害、冠婚葬祭、出張、公的行事などで、一時的に支援が必要となったとき。
・就職のための技術習得や就職活動で、一時的支援が必要なとき。

支援内容

・乳幼児の保育、食事の世話
・住居の掃除、身の回りの世話
・生活必需品などの買い物、医療機関などとの連絡
※研修を受け、登録を済ませた「支援員」やホームヘルパーなどの資格を持つ「支援員」が支援します。

費用

1時間300円以内
(支援の内容や、児童の人数などによって異なります)

手続き

・事前登録制です。
あらかじめ登録した家庭でないと利用できません。

詳細

京丹後市ホームページ

問合せ先

市長公室 政策企画課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0120

お問合せフォーム

京都府 ひとり親家庭自立支援給付金事業

ひとり親家庭の母または父で、就職を目指して技能を身につけたい方が、資格取得のための講座などを受講する場合、教育訓練経費の一部が支給されます。

自立支援教育
訓練給付金

・対象
母子家庭の母又は父子家庭の父であって、現に児童(20歳に満たない者)を扶養し、以下の要件を全て満たす方
⑴ 児童扶養手当の支給を受けているか又は同等の所得水準にあること
⑵ 就業経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況などから判断して、当該教育訓練が適職に就くために必要であると認められること

・支給額
教育訓練経費の10分の6
(ただし、その額が20万円を超える場合は20万円x修学年数 最大80万円、1万2千円を超えない場合は支給されません。)

高等職業訓練
促進給付金

・対象者
母子家庭の母又は父子家庭の父であって、現に児童(20歳に満たない者)を扶養し、以下の要件を全て満たす方
⑴ 童扶養手当の支給を受けているか又は同等の所得水準にあること
⑵ 養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれること
⑶ 仕事または育児と修業の両立が困難であること

・対象資格
看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、理学療法士、保健師、助産師等

・期間
養成機関において修業する期間(上限3年間)

・支給額
市町村民税非課税世帯:月額 100,000円
市町村民税課税世帯:月額 70,500円
※養成機関における課程修了までの期間の最後の12か月については、
市町村民税非課税世帯:月額140,000円 市町村民税課税世帯:月額110,500円

高等職業訓練
修了支援金

・対象者
母子家庭の母又は父子家庭の父であって、現に児童(20歳に満たない者)を扶養し、以下の要件を全て満たす方
⑴ 童扶養手当の支給を受けているか又は同等の所得水準にあること
⑵ 養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれること
⑶ 仕事または育児と修業の両立が困難であること

・対象資格
看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、理学療法士、保健師、助産師等

・支給時期
修了時に支給

・支給額
市町村民税非課税世帯:50,000円
市町村民税課税世帯:25,000円

備考

いずれも事前に生活福祉課へ相談が必要です。
詳しくは、生活福祉課へお問い合わせください。

詳細

詳細ページ

問合せ先

京丹後市 健康長寿福祉部 生活福祉課

〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話:0772-69-0310

お問合せフォーム

京都府
ひとり親家庭自立支援給付金事業

ひとり親家庭の母または父で、就職を目指して技能を身につけたい方が、資格取得のための講座などを受講する場合、教育訓練経費の一部が支給されます。

自立支援教育
訓練給付金

・対象
母子家庭の母又は父子家庭の父であって、現に児童(20歳に満たない者)を扶養し、以下の要件を全て満たす方
⑴ 児童扶養手当の支給を受けているか又は同等の所得水準にあること
⑵ 就業経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況などから判断して、当該教育訓練が適職に就くために必要であると認められること

・支給額
教育訓練経費の10分の6
(ただし、その額が20万円を超える場合は20万円x修学年数 最大80万円、1万2千円を超えない場合は支給されません。)

高等職業訓練
促進給付金

・対象者
母子家庭の母又は父子家庭の父であって、現に児童(20歳に満たない者)を扶養し、以下の要件を全て満たす方
⑴ 童扶養手当の支給を受けているか又は同等の所得水準にあること
⑵ 養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれること
⑶ 仕事または育児と修業の両立が困難であること

・対象資格
看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、理学療法士、保健師、助産師等

・期間
養成機関において修業する期間(上限3年間)

・支給額
市町村民税非課税世帯:月額 100,000円
市町村民税課税世帯:月額 70,500円
※養成機関における課程修了までの期間の最後の12か月については、
市町村民税非課税世帯:月額140,000円 市町村民税課税世帯:月額110,500円

高等職業訓練
修了支援金

・対象者
母子家庭の母又は父子家庭の父であって、現に児童(20歳に満たない者)を扶養し、以下の要件を全て満たす方
⑴ 童扶養手当の支給を受けているか又は同等の所得水準にあること
⑵ 養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれること
⑶ 仕事または育児と修業の両立が困難であること

・対象資格
看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、理学療法士、保健師、助産師等

・支給時期
修了時に支給

・支給額
市町村民税非課税世帯:50,000円
市町村民税課税世帯:25,000円

備考

いずれも事前に生活福祉課へ相談が必要です。
詳しくは、生活福祉課へお問い合わせください。

詳細

詳細ページ

問合せ先

京丹後市 健康長寿福祉部 生活福祉課

〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話:0772-69-0310

お問合せフォーム

京都府 母子奨学金

京都府では母子家庭の母が対象児童(乳幼児から高校生)を養育しているときに支給します。

対象

京都府内(京都市を除く)に居住する母子家庭の母が対象児童(乳幼児から高校生)
を養育しているとき

支給額
(奨学金)
・乳幼児
11,000円/年
・小学生
21,500円/年
・中学生
43,000円/年
・高校生
64,000円/年
・高等学校入学支度金
11,000円/年
備考

・受付は4月から開始となります。※年度途中の申請は支給額が減額されます。
・他の奨学金等との併給調整等が行われる場合があります。

詳細

京都府ページ

問合せ先

京丹後市 健康長寿福祉部 生活福祉課

〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話:0772-69-0310

お問合せフォーム

京都府 母子奨学金

京都府では母子家庭の母が対象児童(乳幼児から高校生)を養育しているときに支給します。

対象

京都府内(京都市を除く)に居住する母子家庭の母が対象児童(乳幼児から高校生)
を養育しているとき

支給額
(奨学金)
・乳幼児
11,000円/年
・小学生
21,500円/年
・中学生
43,000円/年
・高校生
64,000円/年
・高等学校入学支度金
11,000円/年
備考

・受付は4月から開始となります。※年度途中の申請は支給額が減額されます。
・他の奨学金等との併給調整等が行われる場合があります。

詳細

京都府ページ

問合せ先

京丹後市 健康長寿福祉部 生活福祉課

〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話:0772-69-0310

お問合せフォーム